20代3人暮らし、発達障害のニートが実家での暮らしとリアルな生活費用を公開します。

独身の23歳のニートです。住んでいる地域は岡山県岡山市東区西大寺浜。西大寺ははだか祭で有名な地域です。
現在の年収はニートなのですが、短期のアルバイトを時々やっていますので30万円ほど。

貯金はありません。

家族構成は両親とその下に長男の私。大学生の次男。中学生の三男がおります。次男は京都大学でキャンパスライフを送っています。私は両親と三男との実家暮らしです。

障害者枠で就職活動中です。

 

 

  • 親から生活費を渡される
  • 食費8000円
  • こづかい5000円
  • 時々、短期のアルバイトでの収入が入ります
  • 短期のアルバイトでの収入額は、数千円から数万円ぐらい
  • 短期のアルバイトでの収入額は、10万円を超えることはなかなかありません。
  • なぜ合計13000円なのかと言いますと、自分が親に提案した金額だからです。

 

生活費の値上げをお願いしたいですが、養われている以上、強く言えません。

 

月3万の生活費とお小遣いの使い道

主にかかっているのは、食費と就活にかかる費用です。食費は基本的にアマゾンで購入した袋麺や、パスタの業務用をまとめ買いします。

ですが、たまに麺類以外のものが食べたくなって、外食をしてしまいます。最近はストレスがたまりつつあり、ドカ食いしたい気分が続いています。それでお菓子を買うことが多くなり、結構お財布に響いています。

就活にかかる費用については、食費とは比べ物にならないぐらいの費用がかかります。交通費、書類郵送費、スーツ代、書類作成費など色々なものにコストがかかります。

短期アルバイトで得た収入を切り崩していますが、とてもじゃありませんが足りません。

こづかいの使い道は本を買うことが多いです。買う本はビジネス書を中心に買っています。

ビジネス書のジャンルは自己啓発、投資、節約術を買っています。最近、自炊を始めようと思い、レシピ本の購入を予定しています。

節約術については、一旦時間を置くことがキモだと個人的に思っています。

私はネット通販をよく利用しているのですが、欲しいものがあったらとりあえずカートに入れてから、一日おいておきます。

一日経っても欲しいなら、それは必要なものなのかを吟味します。ただ欲しいだけなら、その商品の購入はまたの機会にします。必要なものなら、購入します。

また、最近は健康に気を遣うことが増えました。

お菓子を買うときにも、添加物などのリスクなどを考えるようになり、自分からは購入することが減りました。

たまにドカ食いすることがありますが、ドカ食いしたことを少し後悔してから「次からはチーズやナッツを買って食べよう」とか「ストレスが溜まったら、ドカ食い以外の方法でストレスを発散しよう」と決めました。

 

ニートなりにおすすめの投資法を勉強している

現在、無職ですのでやっている投資・保険はありません。

ですが、投資や保険についての情報は専門書籍やネットで情報収集しています。

投資についての基本は、「ひとつのかごに卵を盛らない」ということが基本だと思っております。
例えば株や投資信託などです。

一つの銘柄や会社の株だけに集中して投資すると、会社が倒産した場合などにはその株券は紙くずになります。

反対に、投資予算の割合を決めておくとします。40%をA社、30%をB社、15%ずつをC、D社と振り分けておきます。

A社が不景気で潰れたとしても、残ったBCD社はまだ存命ですのでリスクを抑えることができます。

保険については、独身で働き盛りの方ならケガや病気で働くことが出来なくなった場合に備えて、就業不能保険に入った方がいいでしょう。独身で働き盛りの方が生命保険に入っても意味がないように思えます。渡す相手がいませんからね。

保険について、掛け捨てか貯蓄型のどちらがいいのでしょうか?
私は掛け捨ての保険に入ろうと思ってます。

掛け捨ては「掛け捨て」ですので、費やした金額は戻ってきませんが安いもので3000円、高くても5000円なので保険料が安く済みます。

貯蓄型はお得なように思えますが、保険というのは何かあった時の備えです。

 

例えばケガで働けなくなった、などですね。何もなければ損ですし、何かあれば得です。が、リスクが起こった時点で得だとは私は思えません。

また、貯蓄型は違約金が高いうえに保険料が高額なので入る気になりません。

投資・保険については人それぞれに適した保険があります。ですが、それぞれの投資や保険にはリスクが必ず生じます。

自分自身の状況を把握して、しっかりと自分の頭で考えて、投資・保険を選べばあなたは納得出来るでしょう。

 

まあ、ニートの言うことなので話は半分に聞いてください。

 

障碍者はやっぱりワーキングプア確定だと思ってる

 

ワーキングプア確定だと思います。何故かというと、私が持っている障害は発達障害だからです。発達障害とは、簡単に言えば脳のタイプが健常者(いわゆる普通の人)とは違います。

 

健常者がバランスよく物事をこなせるのに対して、発達障害者は得意なことに対しては、健常者が及ばないレベルにまでこなすことが出来ます。

 

その代わり、苦手なことに対してはミスが多く、克服する見込みもありません。得意なことがある発達障害者ならくいっぱぐれないと思います。

 

ですが、大半の発達障害者は得意なことがない人が多いです。

その代わり、苦手なことが多く、普通の人よりも劣っている部分が多いです。

で、発達障害というのは脳のタイプが違う病気なので、治すことは出来ないのですね。
服薬で症状を抑えることはできます。

ですが、普通の人が出来ることが大半の発達障害者には出来なので、障害者枠で就職するしかないのです。
障害者枠の多くの求人は手取り10万円レベル、退職金や厚生年金すらない場合が多いです(地方は特に)。

障害者枠で働くとなると、ワーキングプア確定、老後まで貧乏生活を続けていくしかありません。

後輩に向けてアドバイスするとなると、誰にでもワーキングプアや老後破産になる可能性はあります。
ですので、しっかりとしたマネーリテラシーを備えることが重要になるのではないか、と思われます。

最新情報をチェックしよう!