年収600万円!40代4人家族の資産運用と生活費の内訳は?

私は年齢49歳で静岡県在住です。現在年収は約600万円で貯金は約30万円です。仕事は電機メーカの技術系会社員で家族構成は妻と子供2人の4人家族です。

 

元々、実家が鉄工場をしていた兼業農家で、現在は実家の敷地内に、両親と別棟新居を構えています。私の収入で足りない子供の教育費や不足分は実家の支援を受けており、妻がパート勤務しています。

 

とにかく、子供にとてもお金がかかり、会社員の収入だけでは、生計が成り立たない状態です。現在の1カ月の生活費は、ちょっと会社や周りの人には話せないくらい、びっくりしてしまう内訳だと思います。毎月の支出の内訳は以下の通りです。

  • 学費20万円
  • 食費20万円
  • 住宅ローン:8万円
  • 光熱費:2万円
  • 車のローン:6万円
  • 通信費:4万円

 

早く子供たちが一人前になることを切に願っている毎日です。じゃなきゃ、本気で我が家は破産しちゃいますね。

実家の土地を利用して不動産投資

私の資産運用の細かい内容について、お話ししたいと思います。と言っても、最初に話しておきたいのですが、私自身、財テクは全く音痴です。

 

昨年は、会社を早期退職した後輩が、仮想通貨で数億円稼いだと言う情報から、私もビットコイン等を購入しましたが、現在はご存知の通り、大損しています。

 

株はやったことないですし、趣味で出身大学の近くの競馬場に遊びに行ったりしたことはありますが、基本的に、競馬競輪パチンコや麻雀などのギャンブルは好きな方ではありません。

 

強いて言うなら、独身時代に貯蓄しておいた1000万円のお金で、子供たちの学資保険に加入したり、給与天引きで財形貯蓄はしています。

 

しかし、この超低金利時代に、金融機関に貯金しても全く増えないので、元々実家が農家で所有している多くの土地を使って、農機具小屋を壊して自分の家族の家を新築したり、子供達の教育に投資したり、実家は鉄工場や農家からアパートマンション貸倉庫や貸し駐車場等の不動産業に収入の柱をシフトしています。

 

ちなみに、実家の不動産他の収入は、私の会社員収入の10人分になるので、本当に、サラリーマンてのは、割に合わない稼業だと思います。

 

敢えて、サラリーマンのメリットを探すと、勤務先によっては信頼を得たり、休みが取れて、ほどほどの収入の安定、そして何より、仕事で借金をしないのが、サラリーマンの最大のメリットですね。

 

自営業は多くの場合、土地等を担保にして金融機関に借金をします。それはある意味、リスキーでギャンブルです。実家の不動産業も、結局は、金融機関に数億円の借金をしています。

 

それを返すことになるであろう長男である跡取りの私の今後の課題でも、楽しみでもあります。実家の財産は、江戸時代から受け継がれてきた先祖代々のものであるし、それを上手く活用したいし、まぁ何事も楽しまないとやってられないですよね。

お金を増やすためには使わないことが大前提

お金をふやすためのコツや節約術があったら、正直、私が知りたいです。本当に凄いものは、きっと極秘にしているのでしょうね。

 

と言ってると話にならないので、私の場合ですが、お金を増やすためのコツや節約術は、シンプルに誰でも知ってる「稼いで使わない」だと思っています。

 

なんだかんだ言ったって、結局、これしかないでしょう。お金を増やすためには、基本的に働くのが一番確実です。だから、残業も率先してやって、たくさん残業代を稼いでいます。

 

会社だって、前に勤めていた会社は海外メーカに買収されてもうなくなりましたし、今いる会社だってどうなるかわかりません。所詮、勤め人、サラリーマンです。

 

こんなもんに全てを捧げていたら、人生最初から終わっています。なので、割に合わないけど、人からの信用は得られる技術系サラリーマンとして、今を過ごしています。

 

平均的なサラリーマンよりは、少し高収入だと思っています。それでも全然、足りていませんが・・・。そこで、実際の収入の大黒柱は、農家だった実家の土地を活用したアパート、マンション、貸倉庫、貸駐車場経営になります。

 

こちらはこちらで、最初に何棟もの建物を建てるのに、農協は地元銀行等から数億円の借金をしていますので、収入が毎年数千万円になったからと言って、浮かれてばかりはいられません。

 

とりあえずは、先祖代々の土地を何もしないと、相続税で半分なくなる現在社会システムなので、よくありがちではありますが、税金対策で借金して、不動産収入を稼いでいくしか、今のところはありません。

 

でも、人口も減っていく中で、いつまでもこんなのが続くとも思っておらず、次のアイテムを常時模索中であります。自分の先祖の財産を活用して、色々商売を考えるのも、それだけで結構楽しいものですね。

 

同僚でも同じような境遇の方が何人かいますが、やっぱり自分で事業をするのは、まさに生きているって感じで、エキサイティングです。収入増やし支出は減らす!支出するなら、夢のある者に投資する。これが私の信条です。

 

身の回りのいらないものを探してみよう

独身時代は行きつけの飲み屋などに行き、多額の費用を使ってしまったこともあります。それでも将来のためにとコツコツ貯金をしてきました。

 

そのお金も結婚する住宅ローンや子供の養育費などであっという間に消えてなくなります。お金はどれだけあっても困らないということを実感しました。

 

もし今後お金を貯めたいと思うようであれば、車の保有について考えることも必要だと思います。都心であれば車は使うときにレンタカーで借りた方がよっぽど安く済みます。

 

今ではカーシェアリングを行っている会社も増えてきて、短時間でもリーズナブルな価格で車を借りることができます。もし、車がなくて済むなら手放しましょう。

 

自分の生活を見渡してみると、実はなくなっても困らないものというのは意外とあります。いらないものを探して、お金を使うのをやめ、本当に使うべきもののためにお金を貯めておくようにしましょう。

最新情報をチェックしよう!