年収700万円!40代4人家族の資産運用と生活費の内訳は?

私は、現在40歳になる男性で兵庫県に住んでいます。自営業を営む仕事に従事しており、家族構成は私、妻、小学生と中学生の子供が2人の4人家族です。

 

年収は、約700万円ほどで生活は、普通に送れている感じです。私と妻の共働きであり、貯金額は約1000万円ほどになります。

 

今のところ、仕事は一生続けて行こうと考えており貯蓄プラス資産運用も検寸中です。株やFXに投資しようと、現在勉強中です。我が家の主な1ヵ月の生活費の内訳は以下の通りです。

 

  • 家賃:55,000円
  • 親子の小遣い代:40,000円
  • 車代:4,000円
  • ガソリン代:10,000円
  • 水道代:11,000円
  • 電気代:8,000円
  • ガス代:8,000円
  • 食費代:21,000円
  • 保険代:50,000円
  • 養育代:20,000円
  • 通信費:20,000円
  • 貯金:50,000円

その他、雑費などを含めた費用もあります。毎月の支出合計は25万円程度です。残りを貯蓄に充てているという感じです。

老後や子供の将来を考えると資産運用は必要

現在、私は家族4人で平凡な生活を送っている状態ですが、子供2人が高校生、大学生となるとお金もさらに必要になるはずです。

 

自営業を営む私は、定年は関係ないため体が動く間は働くつもりですが不安はやはりお金になります。将来、子供が結婚したり私が病気で入院した時を考えたりすると、仕事以外の収入を得たいです。

 

そのため、資産運用という方法を気になっていて本気で考える時期と言えます。資産運用は、まだ行っていない私ですが、種類が多いため迷っているのも事実です。

 

銀行関係の金融商品、株式投資、FX、不動産投資など、増やせる商品は魅力的と言えます。しかし、資産運用は、ギャンブルと違って一獲千金のように甘くないはずです。

 

投資をする事は、当然ある程度の資金が必要になりリスクもかかります。老後安泰するほどの貯金があればいいですが、資産を守っているだけでは老後の生活は不安だらけです。

 

そこで、私はリスクを少なく増やせる投資としてFXを始めようと考えています。FXは数年前からネットなどで取り上げている事が多く興味を持つ人は多いはずです。

 

株と違い、魅力として小資金から始める事が出来ます。例えば、株なら1万円以上は、投資に必要になりますがFXなら数千円でも可能です。

 

初めて見るFXのサイトなどは、難しく見えましたが、本やシステムを学ぶうちに意外と簡単という事が分かります。外国の為替レートの差で、投資金が増やせるFXは、初心者向きな感じです。

 

しかし、株も「NISA」という税制優遇制度が登場しました。 毎年120万円の非課税投資枠設定は、 株を初めて始める人にとっては惹かれるはずです。FXそれか株に資産運用をして、増やす事が出来たら不動産投資としてアパート経営などもしたいと考えています。

収入アップのためには行動する必要がある

「お金は天下の回り物」と言われますが、貯まる人、失う人に分かれていきます。人は40代を超えた頃、生活や収入、地位などに差は必ず出てくるはずです。

 

お金を増やすためには、「収入をアップする」「資産運用する」「節約する」などがあります。まず、お金は働いて稼ぐしか入って来ない大事なモノです。

 

仕事は、会社に社員として勤めるか、社長として起業する方法があります。現在の収入に満足していない人は、起業や独立開業できる職種に変えるのも増やすコツです。

 

会社を作る事は、大変で資金も必要ですが収入をアップするチャンスがあります。例えば、脱サラして飲食店開業すれば、1ヵ月の収入が100万円を超えるケースもあります。

 

また、私のように自営業として販売業を始めれば、商品によっては年収が1000万円越えも可能です。小さな店やネットを使ったビジネスなら、自由に働けて成功すれば店舗を増やす事も出来ます。

 

また、投資をしてお金を増やすのもコツの一つで、リスクを小さくした投資なら始めやすいです。毎月投資するお金を決めておき、増えれば投資金額を多くすれば良いです。

 

常にお金の動向や投資金額を把握しておけば、投資に使い過ぎる事はなくなります。そして、やはりお金を増やす方法として、節約術を実践していくのも大事です。

 

「生活費の見直し」「節約」「支出を減らす」など、上手にお金を使えば貯金に回す事が出来ます。生活に必要な食費、光熱費などは、毎月最低数千円づつは減らす事を意識します。

 

1日の食費から、水道、電話、ガスを節約すれば1ヵ月に1万円は貯蓄に回せるはずです。近年は、携帯料金も生活費に大きく関わる支出になるので家族で制限する節約がオススメです。

貯金を最優先!金融知識も身に付けよう

私は、20代の頃にパチンコに嵌っていた事があります。1週間に4回は行き、1ヵ月に5万円から10万円近く使っていた事もあります。

 

その頃は、会社勤務で収入が少ない中、妻に苦労させたものです。そんな時、子供が生まれて将来を考えるようになりパチンコを辞めました。

 

収入からパチンコ代を使っていた分、貯金に回すと生活が安定していくようになりました。そして、会社勤めから自営業として起業してからは、家族や将来に希望が持てるようになりました。

 

私の経験からすると、お金はしっかりとラインを引いて使うべきです。「これ以上は、趣味に使わない」「貯金を最優先」など、決めた金額を守るようにします。

 

独身の場合、自分のために使う事が多いお金も結婚すれば、家族のために使う考えを持てば良いです。20代の頃は、お金がないのが普通で苦労したり困ったケースが必ずあります。

 

しかし、失ったお金は「人生の授業料」と思って割り切って稼げば良いだけです。また、資産運用をしてお金を増やす事を考えている人は、本を1冊購入して欲しいです。

 

株、FX、不動産投資などは、システムなどの勉強が必要になります。専門の本には、知識や始め方が紹介されているので役立つはずです。少しずつ始めてお金を増やして、将来や貯蓄に回していきましょう。

最新情報をチェックしよう!