年収900万円!40代2人暮らしの資産運用と生活費の内訳は?

私は横浜在住の電子機器メーカーに勤める管理職の40歳のサラリーマンです。妻と二人暮らしです。私自身の年収は、650万円ですが、共働きの為、妻の収入と合算すると約900万円になります。

 

それなのに、貯金は殆どありません。毎月の収入ー1カ月の必要経費=使ってよいお金、みたいな子供みたいな生活をしてきたので、大反省しております。まさに今年が、資産形成元年であります。

 

一ヵ月の生活費ですが、生活費は私と妻で負担を分けています。私は、マンションのローン、水道代、光熱費担当で、妻が食費を担当しています。内訳は以下の通りです。

  • マンションのローン:11万円
  • 水道・光熱費:3万円
  • 食費:3万円(昼食代は別々)
  • 個人年金:私が月3.1万円、妻が1万円

今後は不動産投資をして資産運用予定

これまで、資産運用は殆どして来ませんでした。唯一やってきた事といえば、個人年金位ですかね。株やFXも全くやったことがありませんし、パチンコ、競馬さえもやったことがありませんが、貯金は全くありません。

 

それは趣味や旅行などの娯楽で散財してしまうからです。そのために、個人年金に結構な金額を毎月かけているのですが。そんな私も、資産運用に興味を持って、ここ三年位、色々なセミナーに参加したり、本を読んだり、お金の勉強をしました。

 

現在は、不動産経営に興味を持ち、今年が、その計画の元年になります。むしろその計画の為に働いているといっても良いくらいです。

 

今後の資産運用ですが、計画としては、5年以内にCF(キャッシュフロー)を月100万円で考えております。CFは、収入−返済額−管理費−各種税金です。そのためには、年内に一棟買いを現在目指して動いております。

 

CFを月100万にするには、利回りや物件の規模にもよりますが、5棟以上は必要と考えています。融資に関しても戦略があり、公庫、地銀、信金、ノンバンク系、不動産投資に積極的な銀行(メガバンクはまず無理なので論外です)等、借りる順番を考えています。

 

後は人脈形成と、タイミング、頭金や見せ金の資金作りです。リスクに関しても、天災、空室、修繕、地盤、事故、滞納と保険でカバーできる部分、今後事業化した際に、経費計上できる部分、3期連続黒字化等、不動産経営に関して、日々学んでおりますが、私がこれまでに知った資産運用の中では、一番手堅いなと思っています。

 

但し、危険はあるので、日々の情報収集は命綱です。出口戦略、2棟目以降の規模拡大なども考えておりますが、戦略と相反し、状況は結構変わっていくので、柔軟に対応する事が結構大事です。

家計を黒字化するためのアドバイス

私自身が貯金が出来ず、節約も出来ずだったので、反面教師的に記載致します。まず、私は、通帳記載を一切してきませんでした。数年に一回とかで、それも中身をよく見ていません。

 

貯金額がいくらあるかは、キャッシュカードを使用したときに、残額で見るくらいです。つまり、何にいくら使ったかを全く把握しておりませんでした。これの最たる例があります。

 

私は結婚する前にワンルームのマンションに住んでいました。約9年前です。その時にNHKに加入したのですが、退去後も特に手続きをしないで、そのままにしておいたのです。

 

そして、7年程経ち、通帳の記載内容をじっくり見た所、ビックリです。なんと、住んでいないマンションのNHKの受信料が、7年間引き抜かれていたのです。相当な金額になっていました。

 

我ながら、本当にアホだなと思います。但し、よくよく考えたら、この件に関しては、NHKも二重で徴収していたことになり、現在、絶賛抗議中です。

 

この例から分かるように、支出を把握する事がまず第一だと思います。単純に収入だけ増えても支出を把握していないと意味がないです。私は営業職ですが、一泊二日で出張すると、約8000円の手当が出ます。

 

しかもこれは、課税対象にはなりません。これを月に8回やると64,000円ですよね。しかし、これを貯蓄なり、資産運用に回している営業マンは殆どいません。出張先での飲み会や、趣味に散財してしまうのです。

 

でも、給料以外の手当てがこれだけ入っているのだからとやみくもに安心している感じですね。収入を増やすのの一番オーソドックスなのは、出世して年収を増やすことですよね。但し、時間がかかりますし、結構難しいですね。

 

副収入としては、手当や、ランサーズ、せどりなど色々あります。但し、いくら稼いでも運用や出費を把握しておかないと何の意味もないです。これが、お金を増やし節約するための最大のコツである事は覚えておいてください。

キャッシングにはデメリットが多い

お金で苦労する時というのは、常に衝動的な買い物をしつづけた結果です。その積み重ねです。特に若いころは、物欲があります。私もそうでした。というか、私は酷かったです。

 

洋服や楽器に収入のほぼ全額を費やしていました。お金の本は何冊も読みましたが、その中で、共通しているのは、収入が入ってきた際に、使ってよいお金と、使ってはいけないお金で分けている事です。

 

更に使ってはいけないお金を、仕組みを利用して増やすことを資産運用と呼びます。私はこれが全く出来て居ませんでした。それと、絶対にやってはいけないのは、キャッシングですね。

 

そこまでお金が無い時は、親のからお金を借りた方がまだ良いです。キャッシングは手を付けてしまうと、マンションを買ったり、何か大きな融資を受けたい時に必ず引っかかりますよ。

 

銀行は様々な目線からあなたを見ていますが、キャッシング、ましてや、CIC情報に乗るような、×がついてしまうとマンションが買えなかったり、買っても、金利の高い所からしか借りれないので、大損します。

 

ですので、20代であれば、物欲が合っても、キャッシングさえ手を出さなければ、何とかなると思います。自分で貯蓄が出来ない人は、財形や定期、個人年金を無理ない範囲でやってみるのも良いと思います。

 

私が出来て居なかったのですが、コツコツ積み上げてきた人の10年後、20年後の力は凄まじいものがありますので、皆さんも頑張ってみてください。

最新情報をチェックしよう!