【貯金は3000万】島根に一人で暮らす60代の生活費の内訳と今後の予定を公開します

私は、63歳です。島根県に住んでいます。3年前に定年退職をしました。今は、新たに仕事にはついていません。主人を7年前に癌で亡くしまし、1人暮らしをしています。

遺族年金をもらってはいますが、遺族年金では、毎月いる必要経費を支払うと手元にはお金が残らない状態です。

現在は遺族年金170万円と今家でピアノの個人レッスン代毎月3万円の収入しかありません。貯金は、3000万円くらいあります。

 

  • マンションの修繕積立金、駐車場 30000円
  • 光熱費 20000円
  • 携帯など通信費、15000円
  • 健康保険、保険料 7000円
  • ガソリン代 10000円
  • 新聞代 3000円
  • 趣味 12000円
  • 食費 60000円 外食も含む
  • お小遣い 30000円
  • 自動車の任意保険45000円
  • 重量税45000円
  • 固定資産税130000円

 

これくらいはかかっています。

 

ほとんど収入がない状態でどう生活費をやりくりしているか?

 

マンションのお金は、削ることができません。光熱費も無駄な電気を消すなどしていますが、ある程度仕方がありません。通信費、携帯もiPhone なのでちょっと高めですが、これも譲れません。

 

新聞代、保険料もしかたがありません。私は、地方に住んでいるので、移動の手段として自家用車が必要ですが、ガソリン代も大きいです。

 

今の車は、主人の遺品なので、できるだけ乗り続けたいとは思っては、いますが、車も大きいのでもっと小型の車に変えれば、ガソリン代や、車の重量税、任意保険料などもやすくなるかもしれません。

ただ、車を新たに購入すると大きなお金が出ていくので考えどころです。

食費はもう少し節約しなくてはいけないと思っています。ただ、家で缶ビールを1缶、ワイン1杯飲んでいるのは、心のゆとりの部分でやはり続けたいです。

 

外食もたまに友人としています。楽しみの1つなので、なかなか削るのは難しいです。

 

1人暮らしだとどうしても惣菜品を購入することが多いので、できるだけ自分で献立を考えて作ろうと思います。ただ、野菜も買うと使い切れずに捨てることも多く、使い切りを目指すことが大切ですね。

趣味でランニングをしています。外を走ればよいのですが、冬は、山陰は寒くて、練習は、ジムに通っています。

ジムも1人暮らしには、そこで友人たちと話もできたりするので、退会は、なかなかむずかしいかも?です。

毎月こんなにお金がかかっているとは、やはり、老後に向かってもう少し考えてみないといけませんね。

外食も3回に1回くらい減らすとか、もう少し単価の安いお店で食事をするとか工夫はできるので、節約したいです。

私は、買い物は、ほとんど、1つのクレジットカードでしています。現金で買い物するより、クレジットカードで支払えば、ポイントも溜まり、それを商品券にかえています。

 

定年後に株式投資で資産管理!長期投資で資産を増やす

私の父が株投資をしていたので、株に興味があり、いつかは、株投資をしてみたいと思っていました。3年前に定年退職をしたので、自由な時間もでき、わずかながら自由になるお金もできたので、退職と同時に3000000円、株に投資をしました。

父も亡くなり、誰に相談することもできなかったのですが、雑誌を買いまくりました。証券会社も考えた末、ネット取引の証券会社にしました。

窓口で相談しながら株取引をするのも安心とは思いましたが、それよりも手数料がネットですれば随分安くなるので、やはり、手数料の安さにひかれて、ネット取引にしました。

初めて、2か月くらいたった時のことでした。イギリスのEU離脱が決まり、突然株価は暴落しました。円も急に円高になりました。

私は、頭が真っ白になり、全部売っていまいました。3000000円があっという間に1500000円になってしまい株の怖さを痛感しました。でも、残りのお金で株取引を続けました。トランプ大統領が就任してからしばらく株は、好調となり、何とか今は、元本に戻っています。

株取引も良い時もあれば、沈む時もあります。

最近は株価の動きが特に激しくなり、なかなか儲けがでません。でも、わずかでも配当金などが入れば嬉しいし、もう少しだけは続けようと思っています。

投資信託1000000円ずつ2つの銘柄で購入しています。アメリカ株の関係のものと日本株の投資信託です。

 

これも一時は利益が出たと思ってはいましたが、今、アメリカと中国の貿易摩擦の問題が起こったころから少しずつ下がっていき、今は随分のマイナスが出ています。

株投資も投資信託もリスクを伴うので、やはり、安全性の面から見るとどうかな?とも思いますが、貯金をしていても利益が出ない時代なので、リスクがあっても、もう少し、長い目で見ていこうかなと思っています。

収入がなくなる60代からは老後の生活費を真剣に考えよう

老後に向かって、今、60代の私は、まっしぐらですが、やはり、お金は公的な年金だけでは、生活ができません。

 

後10年くらいの人生なら、思い切りお金も使ってしまおうとは思いますが、これもわかりません。100歳まで生きるのであれば、もっともっとお金を増やしていかなければ生活はできないと思います。

 

平均寿命も年々伸びている今、老後に向かっての蓄えはとても深刻な問題であると思います。

 

今から、何ができるかと考えてはみますが、やはり、若いころにもっと貯蓄をしていれば良かったと思います。節約もできたのでは?と思うばかりです。

 

後輩たちに言えることは、現職の間に老後の資金を少しでも蓄えておくということです。NISAとか使って積み立てておくのも良いと思います。NISAは、利息に税金がかからないので随分お得です。

 

老後の資金を貯めていくということをもっと真剣に考えていれば、着実に資金が貯まっていくと思います。それから、為替がこれからどうなっていくかわかりません。

 

もしかしたら、アメリカドルを持っていた方が良い時代がくるかもしれません。そのためにも、少し円だけではなく外貨、私はアメリカドルが良いとは思いますが、日本円だけではなく、外貨を所有するのがよいのかもしれません。

何にせよ60代から収入が一気に減るのは精神的につらいです。人生100年!!頭も体も動かなくなる前にさっさと行動したいですね!

最新情報をチェックしよう!